ZAM製下地材 製品一覧へ
「ZAM」は、日新製鋼(株)が開発した新しい溶融めっき鋼板です。めっき層の組織が、Zn(亜鉛)・Al(アルミニウム)6%とMg(マグネシウム)3%で構成された耐食性に優れた商品です。



「ZAM」は、めっき層中に含まれるアルミニウムとマグネシウムの効果により、従来の亜鉛めっき鋼板に比べ格段に優れた耐食性を発揮します。





耐久性予測
「ZAM」の耐久年数に関して、複合サイクル腐食試験結果をベースに以下の耐久性予測式を用い算出した結果を示します。

Y=0.9×Z/(N×α)
Y:耐久年数 0.9:耐久有効付着量90%
Z:めっき付着量(片面) N:腐食形態 片面腐食「1」
α:腐食減量(g/u/年)
出典:鉄骨造建築物の耐久性工場技術
出典:(技報堂出版)


環境別腐食減量(α)
めっき種 一般地域 塩害地域
ZAM
1.2*2
2.0*2
Zn 11.0
1.2*1
*1 屋外暴露試験によります。
*2 屋外暴露一促進試験の相関によります。



平坦部の耐食性
「ZAM」は溶融亜鉛めっき(ペンタイトB)、溶融亜鉛-5%アルミニウム合金めっき(ガルタイト)に比べ優れた耐赤錆性を有しています。

ZAM ガルバスター
(55%Al-Zn)
ガルタイト
(Zn-5%Al)
ペンタイトB
(Zn)
500h
1200h
2500h
塩水噴霧試験後の表面外観(めっき付着量:90g/u(片面)、無処理)

※1,2:日新製鋼(株)ZAMカタログより抜粋

製品一覧へ   ZAM 天井下地材 壁下地材 角スタッド